住宅改修 | 介護・福祉用品の販売・レンタル 有限会社ケアサポートホソタ

住宅改修

安全・安心の介護保険住宅改修

介護保険の認定を受けている方は、要支援・要介護状態に関わらず、上限20万円まで改修費の9割を市町村から支給を受けることができます。

(1)手すりの取り付け
ph
  (2)段差の解消ph
(3)滑りの防止及び移動の円滑化のための床または通路面の材料の変更
ph
  (4)引戸等への扉の取り替え

ph

(5)洋式便器等取り替え
ph
  (6)その他、(1)~(5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
介護保険を利用して住宅改修を行うには、事前に必ず担当のケアマネジャーにご相談ください

住宅リフォームをされたお客様の声

介護保険住宅改修の手順

介護認定 まだ介護認定受けていない場合は市区町村に申し出て、要支援・要介護認定を受ける。
↓  
2 ケアマネジャーが住宅改修の必要性とアドバイスをしてくれる場合もありますが、ご家族の方からもご相談してみてください。
↓  
3 住宅改修が必要と決まれば改修業者をケアマネジャーとご家族様で決定し、改修内容を決めます。
↓  
4 打ち合わせ内容に合わせて住宅改修業者が見積もりと工事図面を作成します。
そして、説明を受け工事内容を決定します。
↓  
5 工事を行う前に事前申請をします担当のケアマネジャーと住宅改修業者で申請書類を作成し、申請をします。
↓  
6 自宅に住宅改修工事着工承諾書が届いて工事に入ります。
↓  
7 工事費を全額住宅改修業者に支払い、その内の20万円を上限とし、9割が払い戻されます。
Share Button

サブコンテンツ