介護保険 | 介護・福祉用品の販売・レンタル 有限会社ケアサポートホソタ

介護保険のご案内

要介護認定を受けた人は介護保険で定められたサービスや福祉用具を
本人負担1割で利用できます。(利用限度は介護度によって変わります)
介護保険サービスを利用するには

介護を受けることができる人は65歳以上の高齢者または40~64歳の特定の病気の人です。
特定の病気とは末期がん、脳血管疾患、骨折を伴う骨粗鬆症、パーキンソン病関連疾患、関節リウマチ、初老期における認知症など16疾患(下記参照)が定められています。
 
 
専門家による介護の必要度の判定をします。
サービスの利用は申請した時から利用できます。ただ軽く出る可能性もありますので控え目に。基本的には申請後1ヶ月以内に判定が行われます。

 
↓   ↓
市区町村窓口に申請が必要です。
地域包括支援センター、ケアプランセンターなどに相談すれば申請の代行もしてくれます。
 
 
要介護認定の「要介護・要支援認定結果通知書」が来ます。
介護度が通知されます。(内容に不満な場合は、4に再度審査を求めることができます。)
 
↓   ↓
訪問調査があります。
訪問する調査員が本人や家族から心身の状況について聞きとり調査を行い、調査結果がコンピューター処理され「一次判定」が行われます(一般には公開されません)。市町村からは、かかりつけ医に意見書の提出依頼がなされます。
 
 
ケアプランを作ってもらいましょう。
要支援と認定された人は近くの包括支援センター(または、センターから委託された居宅介護支援事業所)が窓口となります。(どこにお願いするか利用者は選べません。)要介護と認定された人は居宅支援事業所が窓口です。(どこにお願いするか利用者が選べます。)どのサービスが必要かがケアプランにかかれます。
 

特定の病気一覧

上記の特定の病気16疾患の一覧です。申請のご参考になさってください。

1)筋萎縮性側索硬化症
2)後縦靱帯骨化症
3)骨折を伴う骨粗鬆症
4)多系統萎縮症
5)初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
6)脊髄小脳変性症
7)脊柱管狭窄症
8)早老症(ウェルナー症候群)
9)糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
10)脳血管疾患
11)パーキンソン病関連疾患
12)閉塞性動脈硬化症
13)関節リウマチ
14)慢性閉塞性肺疾患
15)両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
16)末期がん

これらのいずれかに該当する方は受給対象者となります。

介護の必要度の目安と利用限度額

※使用可能な単位数:基本的には1単位10円で加算されますが、地域とサービスによって高くなる場合があります。(10円~約11円)
※地域包括支援センターが窓口です。
※居宅支援事業所が窓口です

限度額 4万9,700円要支援 
要介護状態とは認められないが、社会的支援を要する状態。
限度額 10万4,000円要支援 
生活の一部について部分的介護を要する状態。
限度額 16万5,800円要介護 
生活の一部について部分的介護を要する状態。
限度額 19万4,800円要介護 
日常生活に中等度の介護を要する状態。
限度額 26万7,500円要介護 
日常生活にほぼ全面的な介護を要する状態。
限度額 30万6,000円要介護 
日常生活を介護無しで営むことが困難な状態。
限度額 35万8,300円要介護 
日常生活を介護無しで営むことが不可能な状態。
Share Button

サブコンテンツ